Baby step - 思考と実験の足跡

日常のちょっとした、気になって試したこと集です。

5ヶ月間ブログを書く中で工夫したこと

背景

5ヶ月ブログを書いてみた振り返りとこれから の続きです。

5ヶ月間ブログを続ける中で、徐々に月間の投稿数を増やすことができました。 いまでは毎日投稿する習慣ができあがりました!

月間投稿数を増やすために「これは効果があったな」と思える取り組みを3つご紹介します。

初期状態

月に2件投稿していた頃は、以下のような状況でした。

  • 夜の自由時間にブログを書こうとしていた
  • 1つ1つボリュームがある記事を書こうとしていた

そのため、

  • 仕事が伸びる or 他に勉強することがあると、ブログを書く時間が減る
  • いざブログを書こうと思ってもネタ探しで時間が溶ける
  • ネタがあっても構成を考えることに時間が溶ける

という状態になっていました。

1. 取り組む時間を固定化した

まずは「ブログを書く」という時間を作りました。

自由時間ではなくブログ執筆時間をちゃんと設けて、ブログに集中できるようにする。 時間帯は、朝起きてすぐ。

仕事終わりの夕方や夜に時間を設けるときもありましたが、

  • 仕事が押す
  • 仕事で疲れている

といった要因で書けないときがあったので、差し込みのない朝イチにしました。

2. 記事の分量を気にすることを辞めた

当初は、ベテランブロガーさんが書くような「読み応えのある記事」を書かなきゃ!という気持ちがありました。 が、いきなりそれは無理なので、諦めることからスタートしました。

それよりも、ちょっとしたことでも記事にすること。 さらに言えば「ボリュームは少なくても、内容が完結すること」を目指しました。

例えば直近だとこのあたりの記事です↓

ブログの目的は「理解を深めるために、自分の考えを言語化する」なので、せっかく知った&試したことたちを積極的に使うようにしました。

結果、ブログを投稿するハードルがだいぶ下がり、投稿数upにつながりました◎

3. 自分が体験したことを書く

これは日記型ブログだからできることかもしれませんが...

「ブログのために記事を作る」より「興味があってやった・調べたことを記事にする」ほうがラクです!

わたしのようにブログの目的が「学んだことの棚卸し」「文章力up」「言語化の習慣化」であれば、身の回りのことをなんでもネタにできる方が書きやすいです。 なにより、気持ちがラクです◎

4. テーマと構成を予め用意した

  • Evernoteにブログ用のノートブックを作る
  • [投稿予定日]_[記事タイトル案]でテーマを書く
  • 構成をざっくり書く(背景、主要テキスト)

日常の中でネタが見つかった時に、ここまで書くようにしました。 約5分でできますが、とっても効果がありました!

一時期はテーマだけを用意していました。 その時は、

  • なんでこのテーマにしたんだっけ?
  • 何を調べて何がわかってたんだっけ?
  • 何を書こうとしてたんだっけ?

という、記事の根本の部分で行き詰まり、あまり効果はありませんでした。

ネタを思いついた、気持ちが新鮮な時に5分炊け時間を使って大枠を書き上げる。 すると、いざブログを書くときに記事で伝えたいことや書こうとしてたことを思い出せる。 文章表現を書くことに集中できる。

まとめ

これらの方法を使って、1記事につき約15-90分で書けるようになりました。

時間に振れ幅があるのは、主に以下が要因です。

  • 記事のボリューム(大きいほど時間もかかる)
  • 追加調査(いざ書く時に疑問が増えた)
  • 再構成(用意した構成が粗かった)

ちなみに、今回の記事には約40分かかりました。

Evernoteの構成はこんな感じ↓

f:id:yukke722:20210124100254p:plain
ブログ構成のメモ

これらの方法で「ブログを書く習慣が全くない状態から、毎日ブログを投稿できる」状態には近づけるかと思います◎

切手って換金できるの?

背景

仕事の都合上、いろんな企業の利用規約やプライバシーポリシーを眺めていました。その時に「事務手数料としてn円分の切手を同封してください」と書かれていたんですね。

普通郵便で現金は遅れないので、代わりに切手を送るのはアリだ! と思いましたが、切手は切手として以外の用途を知らなかったので調べてみました。

しらべてみた

ざっくりまとめるとこんなかんじでした↓

cf:

まとめ

いまいますぐすぐ、自分の生活には活かせなさそうでした。 「郵便局で使える」とだけ、頭の片隅に置いておきます。

5ヶ月ブログを書いてみた振り返りとこれから

背景

去年の10月頃にブログを再開して、約5ヶ月が経ちました。

ブログを書く目的・今までの取り組みを振り返ってみたいと思います。

ブログを書く目的

ブログを書く目的は、ブログには書いていなかったようです^^ Evernoteのメモには以下のように書かれていました。

## 目的
1. 自分の考えをフレームに沿って言語化することで、
    1. 理解をより深める
    2. スキル獲得にかかる時間を早める
    3. 自分が考えた/身につけたことを可視化することで自信をつける
2. 人が理解・共感できるような文章を書けるようにする
3. こだわりのある発信をする人と仲良くなるきっかけを作る

近々としては「アウトプットする習慣作り」を目的に、月15件を当面の目標に、取り組んできました。

いままでの投稿実績

9月 10月 11月 12月 1月
PV 24 42 101 196 165
投稿数*2 2 5(6) 9 8(12) 15(16)
技術 1 0(1) 3 3(7) 6(7)
ライフスタイル 1 1 2 3 5
思想
読書レポ 1
tips 3 4 2 4

※1 1月は18日時点 ※2 ()内はQiita投稿を含んだ数

なお、

  • ライフスタイル:日常ネタ×個人の感想
  • tips:日常ネタ×how to

というざっくりしたカテゴライズをしています。 (名前も含めていい感じにしたい...)

感想

  • 着々と投稿数が増えている
  • 投稿が増えるにつれてPVも上がっている
  • 自分の考えを発信する思想系の記事はまだ書けていない

まだまだ拙いブログですが、目を通してくれる方がいるのは嬉しいですねえ

アクセスが多い記事トップ5

5th. Rubyでカスタム例外を作る時にStandardErrorを継承するのはなぜか?

  • 18PV
  • 割と深めのRubyの話

4th. ソダシが白毛初のG1勝利! 白毛馬の歴史をまとめてみた

  • 34PV
  • ランキング唯一の時事ネタ
  • PVを狙うなら、話題のトピックに触れるのが良さそう

3rd. Moment.jsからDay.jsに乗り換えたときにハマったこと

  • 34PV
  • 具体的な技術ネタ
  • やること&ターゲットが明確だから見られているのかも

tinyint型のカラムにtrueを入れたらバリデーションで拒否された件

  • 38PV
  • ブログを再開前に書いた記事が未だに読まれている

1st. Gitブランチモデルの比較と使い分け

  • 183PV
  • RubyやJSよりgitユーザーは多いからだろうか

総評

テーマが十分に小さそうな記事のPVが伸びているな〜と感じました。 流入元がほぼ検索だったんですよね。 ※ SNSは #はてなブログ タグを付けてTwitterにupしているだけ

特に技術系の場合は「自分に関係ありそう?」「解決しそう?」と思いながら探しているはず。 そういうタイトルなり、本文を書いていくのが良いんだろうなあと感じました。

これから

目的はいままで通り、思考をフレームに沿って言語化することです。 そのために、近々では構成力と文章表現力を高めたいと思っています。

というのも、ブログを角に当たり様々な要素があります。

  • サイトデザイン
  • 文章構成力
  • 文章表現力
  • プロフィール
  • ネタ・テーマ選定
  • 継続

継続は身についてきたので、次は目的にも合っている構成・表現にフォーカスするのがいいかな、と。

まずはそれらについての教材探しをしてみよう。

お風呂に入りながらごはんを食べるのはよくないの?

背景

冬場は寒いので、極力お風呂であたたまるようにしています。 体はだいぶ温まるのですが、お風呂と夕食に2時間ほど使っているんですよね。

もう少し時間を圧縮して、他のことに時間を使えたらな〜と考えているうちに「お風呂用テーブルもあるし、お風呂でごはん食べたらいいのでは?」と思いつきました。 温泉旅館やホテルっぽいですし。

そんなわけで健康面にどういう影響があるか調べてみました。

食後すぐに入力はNGという記事が多い

結論、よくなさそうです。。

  • 食後、消化のため消化器官に血液を集中する
  • 入浴後、全身の血流が良くなる
  • 入浴時に食事を摂ると、血液が消化器官でなく全身に行くため消化不良につながりやすい
  • 入浴前後の食事は30-60分程度空けたほうが無難

cf:

食後に入浴してもOKという説もあるようです。 「消化活動を妨げることにより腹持ちを良くする」ことが目的のようですね。

まとめ

時短になっても消化不良になっては元も子もない。。 胃腸はできる限りいたわりたいので、やめておこう。。

アイディア出し用の付箋アプリを探してみた

背景

日常的な脳内整理をするときには、Evernoteにノートを作り、思い浮かんだことをひたすら書き出しています。 エクスプレッシブライティングの要領ですね。

それはそれでやっててスッキリするんですが、その時にやることやアイディアなどが出てくると扱いにくいと思うときがあるんですよね。

ブレスト時に付箋を使うと、書き出した後にグルーピングするじゃないですか。あれをやりたい。

というわけで、付箋アプリを探してみました。

要件

  • 付箋作成の操作コストが少ない
  • 任意の位置に付箋を移動できる
  • Androidアプリ
  • (あわよくば)なんらかの形式で出力できる

付箋の主な活用法は「アイディア出し」「メモ」「ToDoリスト」の3つ(と勝手に思っている)のですが、今回の目的は1つ目。 それに特化したものを探します。

探してみた

Google Playで、評価4以上の付箋アプリを片っ端からインストールして試してみました。 その中でよかったのが以下の2つ。

何が良かったかと言うと、新規作成がとにかくラク

よくあるアプリでは、新規追加時のフローは

  1. 追加ボタンを押す
  2. フォームに内容を入れる
  3. 登録ボタンを押す

という流れですが、個人的にはそれよりも、

  1. フッターから付箋アイコンをドラッグする
  2. 画面上の任意の場所に付箋を置く
  3. 置いた付箋をタップする
  4. テキストを書く
  5. 登録を押す

という流れの方が、使いやすい。

※ ステップ数は増えますが、指の動きとしては後者のほうがラク

どちらも良いアプリでしたが、できるだけシンプルに目的を達成できる Sticky を使うことにしました◎

Stickyは他方と比べて機能は少ないんですが、その分シンプルで使いやすかったんですよね〜

Mac版も探してみた

スマホ版のネックとしては、画面サイズが作業領域の限界になること...。 あまり大量に付箋を作る場合には、不向きかも。

※ 大量の付箋が必要な壮大なテーマの場合は、物理付箋を使ってガッツリやるほうが良さそう

一応、Macで使える付箋アプリを探したところ、ありました↓

cf. Mac 標準の付箋アプリ 「スティッキーズ」が便利 – MacガレージNeo

先述したAndroidアプリと同名なので、同じアプリなんでしょうか。

早速使ってみましたが、、、今回の目的には合ってない印象。 やりたいことが「付箋をサクサク作ること」だったけど、デバイスがPCの分やりにくかった。

デスクトップに「メモ」「ToDoリスト」として使う印象を持ちました。

まとめ

ちょっとしたアイディア出しをするなら Sticky が良さそうでした◎

Sticky! (付箋メモ) - Google Play のアプリ

URL, URIの違いやプロトコルなどの関連用語についてまとめてみた

背景

かつて"URL"は「Web上の住所に当たるもの」という認識をしていました。 API開発をするようになり、いつからか"URI"という表現を見るようになりました。

なぜAPI開発の文脈ではURIがしばしば使われるのか? 何が違うのか?

それらを噛み砕くために、関連用語も含めてまとめてみました。

(しかしながら、概念的な話で難しい&明確な答えがないものが多く、まとまりきっていない点もあります...)

URL, URI, URLとは

URIにURLやURNが含まれる、という理解をしました。

用語 説明
URL(Uniform Resource Localtr) 場所を表す書き方のルール
ファイルの住所のようなもの
URN(Uniform Resource Name) 名前を永続的に識別する書き方のルール
これ単体でアクセスできるとは限らない
URI(Uniform Resource Indicator 名前や場所を識別する書き方のルールの総称

cf:

具体例

  • アドレスはURL
  • メールアドレスもURL

どちらも「アドレス」= 場所を表しているのでURLになる、と。

cf. URL と URI の違い - Qiita

URI, リソース, エンドポイントとは

オブジェクトやエンティティを表すリソースの識別子がURIであり、HTTPメソッドでリソースを操作する、というイメージでしょうか。

用語 説明
リソース オブジェクトまたはエンティティ
URI リソースを表す一意の識別子
エンドポイント HTTPメソッドとURIの組み合わせ

cf:

*SPA開発におけるWeb API設計入門(エンドポイント編) | Hypertext Candy * Web API 設計の基本を学ぶ(APIエンドポイント) - Qiita

URIを分解する

ここからはだいぶ具体的な話になります。

概要

foo://example.com:8042/over/there?name=ferret#nose というURIを例にします。

この時、それぞれ以下のような名前となります。

foo # scheme(スキーム)
: # 区切り文字
//example.com:8042 # authority
 - example.com # host
 - :8042 # port // 省略すると80番
/over/there # path
?name=ferret&owner=john # query
#nose # fragment

cf. Uniform Resource Identifier (URI): 一般的構文

scheme(スキーム)とは

  • 通信手段を表すもの
  • 基本的に小文字だが、大文字も受け入れる
  • スキーマ(schema)と混同されやすいが別物

具体的にはhttp, https, ftp, fileなどがスキームにあたります。

cf:

スキームとプロトコル

  • プロトコルとは、通信規約の総称
  • スキームとは、特定のリソースがどのようなプロトコルで提供されるべきかを表現するために URL が使用する識別子

cf: Whats the difference between a scheme and a protocol in a URL? - Stack Overflow

多くのschemeには対応するプロトコルが存在する(が、対応しないものもある)

cf. URL プロトコル

余談集

二重スラッシュにはなんの意味がある?

  • authority部の開始を表すもの
  • 作者は「いま思うと無意味」と言っている

cf. WWWの生みの親ティム・バーナーズ・リー氏が今、後悔していること - ZDNet Japan

三重スラッシュにはなんの意味があるの?

  • fileは、ホストコンピュータ上でアクセス可能なファイルを示すスキーム
  • ローカルPCの場合はhostを省略できる // RFC1738(URL仕様)の3.10
  • file://<host>/<path> のhostを省略した結果三重スラッシュになる
  • httpではhostがlocalhostであっても空文字にできない

cf. 「file:///」でスラッシュが3つ並んでいる理由: 小粋空間

URLの眩日にはスラッシュを付けるべき?

  • 「トレイリングスラッシュ」という名前らしい
  • 基本的にどちらでもいいが、統一したほうが良い
    • 有無によりペ角ページを表示することがあるため
  • REST APIでは基本的に付けない
    • idが自分の場合、リストを返す場合に付ける時がある

cf. はてなブログでURL最後に「 / 」(スラッシュ)を付けるべきか、付けないべきか - わたしと納豆ごはん

洗濯時にマグちゃんを使ってみた

背景

高城剛さんのLIFE PACKING2020を読みました。

amzn.to

その本で紹介されており、早速試したのが「洗濯マグちゃん

www.amazon.co.jp

マグネシウムの力出、洗剤なしで洗濯ができるというのは、とても惹かれました。 うまくいけば、家から洗剤が不要になるんですからね!

今回は使ってみた感想と、先人の活用法をまとめました。

試したこと

  • 前日からつけ置きした
  • 柔軟剤含め、洗剤は入れなかった

マグちゃんを使っている知人がおり、「つけ置きしたほうが効果があるよ」とコメントを貰っていました。

「長く付けたほうがいい」とも言っていたので、洗濯前日に洗濯機に水を張りマグちゃんと洗濯物を入れて、洗濯日にスイッチオン、という使い方をしていました。

使った感想

ぱっと見た感じ、汚れは落ちてそうでした。 (最近は冬&自粛生活だったのもあり、汚れが目立つものが少なかったのもありそうですが)。

匂いは無臭でしたね。 手触りは、わたしは「ゴワッとしていなくてなめらか」だと感じましたが、妻は「なんかガサガサする」と言ってました。 (触ったタオルの違いか、干し方の違いか...)

先人の使い方

記事を書くにあたり「本当に正しい使い方ができているのか?」と疑問に思ったので、調べてみました。

以下のような点がポイントでした↓

  • マグちゃんを入れてPhが上がるまで時間がかかる
  • マグちゃんが動かないと反応しないため、つけ置きしても効果は出ない
  • あまり長時間マグちゃんを水につけておくと劣化が早まる
  • 水よりもお湯で洗うほうが効果が高い
  • 柔軟剤は一緒に入れてもOK
  • 洗濯が終わったらすぐに干す
  • 月に一度程度、クエン酸に付けてマグちゃんをメンテナンスすると良い 不要のようです

cf:

おわりに

  • マグちゃんのつけおきはせず、注水時にマグちゃんだけ入れて洗浄液を作る
  • 洗濯が終わったらすぐに干す
  • 洗うものに依っては柔軟剤を入れる

まずはすぐ初められるこれらからやってみようと思います。

ちゃんと使いこなせればだいぶ便利グッズだと思うので、うまく活用したい!

リサーチ中にお風呂にマグちゃんを入れるというのもあり、そちらも気になりました。 温泉に近くなるんですかね〜

こちらも近々調べてみようと思います。